目の下のクマのメカニズムと効果的な対策

Category : 未分類

スキンケアにどれほどコストをかけて手入れをしたとしても、目の下のクマが目立ってしまってはどうしてもやつれた印象を与えてしまい、美容とは程遠い自分になってしまいます。

パソコンにスマートフォンやタブレット、あらゆる通信端末の普及によって、人間の目は必要以上に疲労してしまっています。

目を癒やす自然の存在も徐々に減り、ストレス社会の中での睡眠不足などで、目の下のクマの問題は避けられない事実となっています。

目の下のクマにも実は種類があります。

疲労によってできるものは主に血行不良が原因と言われています。

目の周りは想像以上の毛細血管が結集し、張り巡らされています。

黒くなってしまう原因の正体は血液中のヘモグロビンと言われています。

目の周りにある血液は酸素を運んでいます。

正常な状態のときは血液は鮮やかな赤色をしていて、これが顔色にも現れると、元気な印象を与えます。

しかし、血液の循環が速やかにいかず滞ってしまうと、酸素がどんどん古くなって酸化してしまうため、ヘモグロビンは酸素を手放さなくてはならなくなります。

酸素を手放したヘモグロビンは血液の色素を黒くしてしまいます。

つまり、目の下だけが黒くなっているわけではなく、身体全身の酸素が行き渡っていない箇所が黒くなっているわけですが、目の下は皮膚が大変薄いため、その黒い血液が透けて見えてしまうのです。

目の血行促進はまず充分な睡眠と、定期的なマッサージによって改善が可能です。

それでも忙しい現代人はなかなか睡眠時間を確保できず、健康的な身体を作るためのゴールデンタイムと言われる22時からしっかり就寝できる人はそう多くないことでしょう。

そこでおすすめなのが瞑想です。

瞑想と聞くとなにか難しい訓練が必要だと考える人もいますが、ただ座って体の力を抜き、リラックスしながら目を閉じるだけでも瞑想はできます。

目は瞑るだけでも脳に休息時間だという認識を与え、疲労回復の効果が期待できます。

ゆっくりと深呼吸をして、眼球を閉じたまぶたの奥で一点に集中させれば、そこに血液が流れ始めます。

瞑想を終えて目を開けたときはスッキリとし、クマも良くなっていることでしょう。

また、加齢とともに皮膚のメラニンによってできてしまうクマもあります。

皮膚が薄いため紫外線を他の箇所よりも通しやすく、そこだけ日焼けしたような状態になる減少です。

このタイプの対象法は紫外線対策や、帽子を被るなどの方法で防ぐことができるでしょう。